IC-756PROⅡ パワーが出ないとのことでお預かりしました。

パワーメーターで計測しても、微弱な電波すらも感知できません。

IMGP2457

IC-756PROの出力は、複雑な経路を通ります。

RF UNIT→ PA UNIT→ FILTER UNIT→ CTRL UNIT→ TUNER UNIT→ ANTENA

高級無線機は規模がすごいですね。 信号を追い掛けてゆくしかありません。

Screenshot-1

PA UNIT 点検。

各ユニットを切り離して点検します。

IMGP2458

PA UNIT では150Wほど出ました。

パワートランジスタに異常がないことが確認できました。

このようにユニットを切り離した状態での計測は不安定で危険です。

「イテッッ!」と感電しました。 怖。。

100Wというパワーはスゴイですね。

IMGP2461

FILTER UNIT点検。


IMGP2462

150Wほど出てくるのを確認しました。

FILTER UNIT は異常なしです。

IMGP2464

CTRL UNIT に問題があることがわかりました。

取り外し。

IMGP2465

信号を追い掛けてゆくと、リレーでストップしていました。


IMGP2468

松下のNRリレー NR−HD−12V

動作していませんでした。 

コイルが断線しています。

IMGP2466

この経路には150Wが通ります。

小型のリレーでは接点が持たないのでは?

また、トランスが小さくて磁気飽和により発熱するのでは?

Screenshot-2

トランス。

単三電池との大きさ比較です。

150Wをなめてはいけないのですがね。

IMGP2469

リレーを交換しました。

NR-HD-12Vは入手困難で国内での流通は絶望的でした。
廃番品で後継品、代替品を含めて現在は適合するものがありません。特種なピン配列であることもネックです。

ただし、24V用ならば横浜市の業者にあることが分かり注文取り寄せました。
あっただけでも有り難いこと、まあ動作するだろうという予想です。

NR-HD-24V

IMGP2485

12Vにてリレーの動作試験です。


IMGP2487

試験中

動作OKです! やったね。

IMGP2488

リレーを取り付けました。

耐圧は24Vのほうが、かえって良かったかも知れません。

弱いから壊れるのですからね。

IMGP2489

パワー復活しました。

100W 弱

IMGP2491

スプリアスの乱れなく、良好です。


IMGP2493

高級機ですね。


IMGP2492