RJ-260 受信感度がわるいとのことです。


IMGP7556

受信感度が低下しており、強めの信号ー98dBmでも聞こえないくらいカスカスです。


IMGP7557

昭和54年製造の刻印あり。

40年以上経過していますので、電解コンデンサーをオール交換します。

27,144Mhz 100mW です。

IMGP7558

水晶発振子 27,144Mhzを実装です。

ソケット式で交換が楽。

IMGP7559

業務用無線機の製造プロセスが色濃く出ています。

この時代は、工事現場での交通整理をはじめ、過酷な使われ方をするCB無線機はメーカー修理も多かったことと思います。

メンテナンス性の良さを念頭に置いた造りで、結線はすべてプラグ式となっています。

IMGP7561

配線プラグの結線図が記されています。

サービスマン向けへの配慮がされており、修理を前程とした業務機であるといえます。

分解しやすい無線機です。

IMGP7562

電解コンデンサーをオール交換しました。


IMGP7563

ドライアップしています。


IMGP7579

受信感度の調整。

コンデンサーの交換により、信号もよく通るようになりました。

コイルを調整すると感度がグーンとアップします。

IMGP7564

受信感度を最大に調整しました。


IMGP7565

受信感度 ー119,5dBm

感度復活です。

IMGP7567

送信出力。

自作のQRPパワーメーターでモニターしながら最大になるように調整しました。

IMGP7571

出力。

約0,15W

IMGP7582

スプリアス良好。

ICB-680なみのキレイさです。

IMGP7575

ロッドアンテナを伸ばした状態にて、


IMGP7577

アンテナローディングコイルを最大に調整しました。


IMGP7578

軍用無線機のようで格好いいですね。


IMGP7581