CH-580 整備のためお預かりしました。


IMGP7586

まずは、受信感度を測定。

ー111,0dBm

ひどく低下しているわけではありません。

IMGP7588

出力 0,3W です。

業務用で使うぶんには十分ですが、フリーライセンス無線として遊ぶためにはギリギリのスペックかと思います。

IMGP7590

劣化部品を交換します。


IMGP7587

パターン点検。

あやしい場所は再ハンダをしました。

IMGP7591

電解コンデンサーをオール交換しました。


IMGP7593

ドライアップ状態です。

検波ダイオードを交換、ANLをカットしました。

IMGP7603

オーディオ信号が通る場所に使われていたコンデンサーです。

220uF

IMGP7604

テスターで測定してみました。

171,4uF、Vloss7,1%、ESR0,34オーム

容量が抜けています。

IMGP7605

変調信号が通る場所に使われていたコンデンサーです。

0,47uF

IMGP7609

615,7nF(0,61uF) Vloss0,7%、 ESR3,2オーム

等価直列抵抗(ESR)は抵抗成分となって増えてゆき、今は3,2オームあるということ。
発熱が大きくなります。

電解コンデンサーは高熱になるほどダメージが大きいです。

IMGP7610

Sメーターのホコリを取って欲しいとの希望です。


IMGP7612

カビが生えているようです。


IMGP7613

パネルは外せない構造でした。


IMGP7614

拭き取りました。


IMGP7615

目立たない状態までキレイになりました。


IMGP7616

Sメーターに照明を付けて欲しいとの希望です。

LEDを取付けました。

10mAで消費もわずかです。

IMGP7617

点灯状態です。


IMGP7618

測定と調整。

受信感度の調整。

IMGP7589

最大に調整しました。


IMGP7595

受信感度。

ー122,2dBm    

最初の測定ー111,0dBmから11dBのアップです。  電力比で12倍。

IMGP7596

周波数。

27,144Mhz

IMGP7600

出力。

0,5Wに回復しました。

IMGP7597

スプリアス良好。

たいへんキレイです。

IMGP7599

アンテナを伸ばした状態にて、


IMGP7601

ローディングコイルを最大に調整しました。


IMGP7602

CH-580は、箱付きなど保存が良い状態で発掘される(笑)無線機だと思います。

なぜか愛着が出てしまう不思議な無線機です。

IMGP7611