IC-706mk2 144Mhzパワーが出ないとのことです。


IMGP8664

電波が出でいるかどうかを高周波プローブで追いかけてゆきます。

高周波プローブの作成方法は次の記事を参照してください。

http://jr2jhg.livedoor.blog/archives/916879.html

IMGP8667

電波が出ていればプローブに反応があります。

トランジスターの入力と出力で増幅が有るか調べます。

IMGP8665


IMGP8666

回路を追いかけてゆくと、PINダイオードの前後で信号が途切れてるのがわかりました。


IMGP8668

基板を取り外してダイオードを点検します。


IMGP8669

PINダイオードにハンダ不良があり、高周波の通過に負担がかかり劣化が早まったようです。


IMGP8671

PINダイオードを取り外しました。


IMGP8672

テスターで診ると順方向電圧があり、機能が失われているわけではありません。

しかし、実装した状態ではNGです。

IMGP8674

半導体テスターで診るとダメージパーツとなります。

私の経験では、トランジスターなど半導体は測定では異状が無いにもかかわらず壊れているものがあるので厄介です。

IMGP8688

手持ちのあった部品に交換しました。


IMGP8675

パワーが復活しました。

20W

IMGP8676

周波数測定。

GPSロック10MHz

IMGP8678

145Mhz 

周波数OKです。

IMGP8679

スプリアス良好。

145Mhz

IMGP8677

受信感度。

145Mhz ー118,4dBm (SINAD)

IMGP8680

145Mhz 受信感度を調整。


IMGP8682

受信感度最大。


IMGP8681

受信感度。

145Mhz ー122,5dBm (SINAD)プリアンプON

IMGP8684

受信感度スペックシール添付しました。


IMGP8685

706からいろいろな対策がされた706mk2です。

反転液晶カスタマイズが格好よいです。

IMGP8687