TM-841 点検のためお預かりしました。


IMGP3813

希望により、バックライトをLED化しました。


IMGP3814

点灯を確認しました。

反転ネガタイプのカラー液晶はLED化するとキレイになりますね。

IMGP3821

フロントパネルを外したところ、ボタン止めのスポンジが劣化していました。


IMGP3815


IMGP3816

ゴムシートに交換しました。


IMGP3819


IMGP3820

ボタンの抜け止め対策OKです。


IMGP3818

点検、各部の測定と調整をしてゆきます。

オーナー様にてユニット別に特性が記載されています。

IMGP3822

各バンドはユニット化され3段重ねになっていますが、この状態だと下段ユニットの調整は出来ません。


IMGP3823

バンドユニットをバラバラにします。


IMGP3824

コントロールユニット。

マザーボード式ですね。

IMGP3825

調整したいユニットをマザーボードの真ん中に取付けます。

1,200Mhzユニットです。

IMGP3826

リセットをかけると、真ん中が1,200Mhzになります。

リセットは、MRボタンを押下しながら電源ON です。

IMGP3827

1,200Mhzを調整します。

周波数調整。

TCXOです。

IMGP3833

周波数調整。 

1,295Mhz

IMGP3832

出力。

1,200Mhz 10W

IMGP3828

1,200Mhzは、メーター青色の読みです。


IMGP3829

スプリアス良好。


IMGP3831

1,200Mhzユニットを下段に移動させ、430Mhzユニットをマザーボードの真ん中に取付けます。


IMGP3837

リセットをかけ、430Mhzを調整します。


IMGP3838

周波数調整。


IMGP3836

出力。

430Mhz 35W

IMGP3834

スプリアス良好。


IMGP3835

同様にユニットを積み上げます。

144Mhzユニットを取付け。

IMGP3839

リセット。


IMGP3840

ユニットを調整。


IMGP3841

周波数調整。


IMGP3844

出力。

144Mhz 10W

IMGP3842

スプリアス良好。


IMGP3843

受信感度測定。

145Mhz ー122,7dbm (SINAD)

IMGP3845

433Mhz ー120,4dBm (SINAD)


IMGP3846

1,295Mhz ー122,7dBm (SINAD)


IMGP3847

受信感度スペックシール添付。


IMGP3849

トリプルバンド機のズラリと並んだ周波数表示が圧巻です。

1,200Mhz入り、マザーボード式の貴重な無線機です。

IMGP3848