IC-R7000

ディスプレイがつかないとのことで、お預かりしました。

こうなってしまった人はいませんか?。

イメージ 1

IC-R7000のディスプレイが突然つかなくなるのは、接触不良が原因ではありません。


イメージ 2

スイッチを入・切したときには一時的につくけれど、すぐに消えてしまいます。


イメージ 3

原因は、ディスプレイユニットの電解コンデンサーが容量抜けです。

こんがりと、焼け焦げていますね。

長い間お疲れ様でした。

イメージ 4

日本ケミコン KMG 105°に全交換しました。


イメージ 5

Sメーターの照明が切れていたので、LED化しました。


イメージ 6

イメージ 7

メモリーバックアップ電池の電圧は3V以上ありました。


イメージ 8

FMワイドのとき、受信音が歪むという対策です。

IFユニットのC135を交換しておかないと、スピーカーから出る音がビビるようになります。

交換。

イメージ 9

ディスプレイ保護のアクリル板が無くなっています。

割れてしまったのでしょうね。

アクリル板は無理な力が加わるとすぐに割れてしまいます。

割れにくいPET樹脂板で作ってみました。

ペットボトルの材料です。

イメージ 10

イメージ 11

サングラス色や薄ブルー色などもありましたが、透明にしました。


イメージ 12

Sメーター 9+50dB の調整。


イメージ 13

センターメーターの調整。


イメージ 14

スケルチ調整。


イメージ 17

受信感度

埼玉 NHK-FM 85.10Mhz   ー131.2dBm

イメージ 15

999.00Mhz   ー124.6dBm


イメージ 16

シリアルナンバーとエンブレムから、後期型のIC-R7000ですね。

フロントマスクはアルミダイキャスト製です。

受信機の傑作です。

イメージ 18

ディスプレイもつくようになりました。