TH-77 送信できないとのことでお預かりしました。


IMGP1413

から割りをしてゆきます。


IMGP1414

TH-77の持病とでもいうべき、電解コンデンサーの液漏れがあります。

送信できなくなる原因は、ほぼこのコンデンサーがNGとなって起こります。

IMGP1415

TH-77はフィルム基板のため熱に弱く、長くハンダこてを当てられません。

よって、コンデンサーの取り外しは破壊して取り除きます。

IMGP1419

コンデンサーを取り外したあとのフィルム基板はパターンが腐食して無くなっているため、スズメッキ線にて補修します。


IMGP1417

新しいコンデンサーを抱き合わせにして、あらかじめ基板のパターンに合うようにメッキ線をハンダ付けします。

IMGP1416

こうすれば、失われたパターンに対してもコンデンサーを実装できます。

浮いている状態なのですが配線はOKです。

IMGP1418

送信できる状態になりました。

周波数調整。

IMGP1421


IMGP1420

出力 5W


IMGP1424

FMデビエーション調整。

規定の4.3Khz

IMGP1425

スプリアス良好。

145Mhz

IMGP1422

同、433Mhz


IMGP1423

受信感度。

ー124.9dBm (SINAD)

IMGP1426

433Mhz

ー122.3dBm (SINAD)

IMGP1427

この無線機で開局したという方も多いのではないでしょうか。


IMGP1428

操作も直感的でわかりやすい無線機です。


IMGP1429